みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。

 

ゴールデンウィークが終わり、早くも5月中旬。

あれっ、ゴールデンウィーク1日も休んでないぞ…

ということで、ずっと田植えの準備をしておりました。

具体的には、こんな感じ↓

 

そんなこんなで田植えも徐々に始まってきています。

ここ会津坂下町でも早い田植えです。

実況してますので、そちらもどうぞ↓

 

コロナ禍で非常に辛い状況ではありますが、こちらの農業はなんら問題なく動いてます。

我々は美味しいお米づくりをサポートしつつ、消費者の皆様へ美味しいお米をお届けするために

引き続き頑張っていきますので、どうか応援よろしくお願いします!!

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇


 

こんにちは。広報担当のフジタハルキです。

今回は、世界的なドローンメーカーのDJIから新型農業散布用ドローン(農薬散布用)のT20 jpが発売されたので、

その使用感をこちらに書いていきます。

 

まず操作した感じですが、、、

すっごい”重い”です!!

さすがに、機体重量25kg超!!

ちなみにバッテリーなしの重量は23.1 kgです。バッテリーが6.4kgなので、

タンクが空だとしても、29.5kgの重量あるということです。

この時点でMG-1のタンク満タンよりも重くなっているので、どれくらい重いか察していただけるでしょうか。。。

タンクを満タン(16kg)に入れた時には、44.5kgになるのでもし衝突したら衝撃はハンパじゃないですね!!

サイズは以下になります。

2509×2213×732 mm(アームとプロペラ展開時)
1795×1510×732 mm (アーム展開時、プロペラ折りたたみ時)
1100×570×732 mm(アームとプロペラ折りたたみ時)

実は折りたたんだ状態で言えば、短辺はMG-1より小さいんです。なので狭いところも入れちゃいます。

 

実はまだバッテリーがあまり入ってきていないので、あまり飛ばせませんでしたが、一通りの操作と内容は頭に叩き込みました!!

天気がよければ明日にでも圃場で飛ばしてみようかと思います。

 

それでは、また次回もご覧ください!!

こんにちは!広報担当のフジタハルキです!!

 

本日、待ちに待った最新散布用ドローンAGRAS T20が入荷しました!!!

 

https://www.dji.com/jp/t20?site=brandsite&from=nav

 

年末から待っていたんですが、年明けからは諸々ありましたからね。

とにかくやっと触れるようになりました。

我々も研修では話を聞いて実際に触れてとやってきましたが、

所有物として触れるのは、これからなので

開封〜飛行テストまでしっかりと触って、全てを伝えられるようにしていきたいと

思っております!!

それでは、乞うご期待!

 

 

おいしい会津坂下産のお米は↓こちら↓からお求めいただけます。

 

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇


 

広報担当のフジタハルキです。

最近、農業ドローン(散布用ドローン、生育調査用ドローン)について

かなりの件数の問い合わせをいただいておりますので、

こちらにある程度まとめていきたいと思います。

 

昨今農業分野でのドローンの発展が目覚しいところですが、しっかりとルールや法令を守って活動していきたいものです。

しかしルールや法令は徐々に変わっていくものなので、飛行前には必ずご自身で確認してから飛行してくださいね!

航空法

ドローンについて調べると出てくるのが、この航空法です。

守らなければいけないのは次の遵守事項と禁止空域と禁止方法についてです。

遵守事項

  1. 飛行前確認
  2. 飲酒運転禁止
  3. 衝突防止対策
  4. 危険飛行禁止

この4つが挙げられています。

まず、飛行前確認について

飛行する前には必ず機体の状態が正常かどうかをチェックしてから飛行してください。また、天候(風速や天気)を事前に確認して安全にフライトできることを確認してから飛行してください。

ということです。プロ・アマチュア問わずこれは当たり前にやらなければいけないことですね。

 

次に、飲酒運転禁止(アルコール接種後の酒気帯び運転禁止)について

説明不要と思っていますが、車と同じように酒気を帯びている状態では飛行させないでください。ということです!

昨年までは冗談で話していたのが、法律上に組み込まれてしまいましたが、安全に飛行させるには当たり前のことですね。

 

続いて、衝突防止対策について

航空法施行規則(昭和二十七年七月三十一日運輸省令第五十六号)(抄) (進路権)

第百八十条 飛行の進路が交差し、又は接近する場合における航空機相互間の進路権の 順位は、次に掲げる順序とする。

一 滑空機

二 物件を曳航している航空機

三 飛行船

四 飛行機、回転翼航空機及び動力で推進している滑空機

第百八十一条 飛行中の同順位の航空機相互間にあつては、他の航空機を右側に見る航 空機が進路を譲らなければならない。 第百八十二条 正面又はこれに近い角度で接近する飛行中の同順位の航空機相互間に あつては、互に進路を右に変えなければならない。

進路権という考え方が、航空法にはすでに盛り込まれているので、現場で衝突を回避するための方法は航空法を参考にすると良いですね。

さらに昨年から始まった「FISSドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)」というシステムがあります。

国土交通省(航空局)からの許可・承認手続きをとり、その方法で飛行させる場合には、このFISSを必ず利用しなければいけません(これからDIPSで許可・承認をとる方はすべて)

ややこしいのですが、該当する場合には必ず実施しなければいけませんので、ご注意ください!

最後は、危険飛行禁止です。

あくまでも故意の危険飛行ということですが、判断が甘かったり安全確認を疎かにすると、危険飛行になる場合もあるので

こちらもプロ・アマチュア問わずしっかりと守っていきましょう。

 

上記4項目は、遵守事項として必ず守らなければいけない内容になります(200g未満の模型航空機は別)

 

飛行禁止空域

飛行禁止空域については、これまでと変わらず3項目が禁止されている空域になります。
あくまでも、許可を取らずに飛行させてはいけない、ということなので、ここで飛行させる場合は必ず許可をとって飛行させる必要があります。

  1. 150m以上の高さの空域
  2. 人口集中地区の上空
  3. 空港等の周辺

このうち150m以上の高さ、空港等の周辺で飛行させる場合には、DIPS申請の他に対象となる地域を管轄している航空局と直接やりとりする必要がありますので、やや時間がかかります。
人口集中地区の上空は安全対策をしてれば基本的には許可が降りるかと思いますが、人口集中地区上空では、法律以外にその地域の条例などで禁止されている場合があるので、各自治体のルールも確認しておく必要があります。

飛行禁止方法

  1. 夜間飛行
  2. 目視外飛行
  3. 30m未満飛行
  4. イベント上空飛行
  5. 危険物輸送
  6. 物件投下

やってはいけない方法は上記の6項目です。

夜間飛行については、逆を言えば日中のみ飛行させていい、ということです。
では、日中とはいつかというと、「日の出〜日没」の間になります。
季節や日によって変わるので、天気アプリなどで確認することをお勧めします。

目視外飛行については、機体及びその周辺を目視範囲内で常時監視させておく必要があります。
カメラを見ながら飛行させるのは目視外に当たるので、監視できない場合には必ず許可をとっておきましょう。

次に30m未満の飛行です。
第3者または第3者の物件との間に30m以上距離を保って飛行させること、という決まりになっています。
これは3次元で30mになるので、縦横だけでなく高さも考慮した30mになります。
特に注意しなければいけないのは往来の車や人との距離ですね。
近隣の建屋や見学者については、一声かけて許可をとった上で飛行させることで関係者扱いにできますので、
コミュニケーションをとって飛行させることをお勧めします!

続いて、イベント上空飛行です。
これは過去にあった善光寺での落下事故などが有名ですが、もちろんイベント上空では飛行させてはいけません。
最近の話では、聖火リレーの上空では飛行させてはいけません、という文書を警察の方からいただきました。
人に怪我をさせることを防止するだけでなく、テロ対策としてもイベント上空飛行は禁止されています。

次に、危険物輸送と物件投下です。
主に、農林業での農薬散布が多いのではないかと思います。
航空法では、農薬は危険物に入るので、危険物輸送が付き纏います。
また、上空から霧状に農薬を散布するのも物件投下に入りますので、注意が必要です。

農薬散布をするのに必要な許可は?

ほぼ必ず必要となるのは、航空法の

①30m未満の飛行

②危険物輸送

③物件投下

の許可になります。

 

これがなくてはほぼ農薬散布業務はできません。

また、市街地に近いところの場合には、④人口集中地区の上空 についても許可をとっておいた方が良い場合があります。

 

というわけで、農業でもドローンをフルで活用していくには必ず航空法はクリアしておく必要があるので、

迷った方はご相談ください!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

弊社広報担当のフジタハルキが

農業系youtuberとして活動を開始しました。

「農業系ユーツーバー ハルキン」

として

日本の水稲農業をもっともっと盛り上げるために活動しております。

チャンネル登録、いいねお願いします!!

さて、久しぶりの投稿になってしまいました。

広報担当のフジタハルキです。

 

毎年、冬になるといつも考えます。

来年(来シーズン)の稲作の肥料や農薬はどうするか。。。

去年は肥料の塩梅がちょうどよかったけど、来年はどうか。。。

新しい肥料や除草剤の効き具合はどうか。。。

などなど

 

期待と不安に満ち溢れた寒い時期を過ごします(今年は暖かいですが)

 

冬の寒い時期を過ごすからこそ

 

春の暖かさを感じることができるのです

 

朝が暗い冬を過ごすからこそ

 

春の朝の明るさを知ることができるのです

 

福島県の会津から

 

農業のことを発信する

 

小さな情報で大きな変革を

 

農業系ユーツーバーのハルキンです!!!!!

 

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。

前回の投稿から大分日にちが空いてしまいました。

おかげさまで元気にやっております。

 

さて、こちらに記事を書かずに何をしていたかというと、日々の業務に追いやられていたわけですが

実はyoutubeでの動画投稿も始めてみました。

youtubeでは、基本的に水稲農業に関すること、ドローンに関すること、農業全般に関わること、など

農業系ユーツーバーとして活動しています。

こちらをご覧のみなさんもぜひyoutubeの方もチェックしてみてください!!

 

それでは!!

農林水産省ガイドラインによる表示

取りまとめ:有限会社カネダイ

更新日:2019年9月7日

対象年産:令和元年産

No. 県認証機関 申請者 品種 栽培区分 節減対象農薬:当地比 化学肥料(窒素成分):当地比
1 JA全農福島 ばんげ有機倶楽部 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.2割減 5.2割減
2 JA全農福島 有限会社藤川農産 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.2割減 5.4割減
3 齋藤善平 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.8割減 5.2割減

 

◆No.1  申請者:ばんげ有機倶楽部  品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者氏名:小林寛、堀健一、五十嵐利昭、手代木学、角田佐俊、稲垣宗平

節減対象農薬:当地比  6.2割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.2割減
使用資材 用途 回数・量
グルホシネート 除草
プロペナゾール 殺菌
プロピリスルフロン 除草
ブロモブチド 除草
ペントキサゾン 除草
ジノテフラン 殺虫

 

◆No.2  申請者:有限会社藤川農産 品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者:有限会社藤川農産

節減対象農薬:当地比  6.2割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.4割減
使用資材 用途 回数・量
クロチアニジン 殺虫 2
イソチアニル 殺菌
ピラクロニル 除草
プロピリスルフロン 除草
 ベンゾビシクロン 除草

 

◆No.3  申請者:齋藤善平 品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者:齋藤善平

節減対象農薬:当地比  6.8割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.4割減
使用資材 用途 回数・量
プロペナゾール 殺菌
クロラントラニリプロール 殺虫
プロピリスルフロン 除草
ブロモブチド 除草
 ペントキサゾン 除草

 

平素はご愛顧賜り誠にありがとうございます。

農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1を福島県内にて取り扱っておりますが、

それに加えまして株式会社FLIGHTS製 FLIGHTS-AGの取扱を開始致しました。

こちらの最大のメリットは非常に安価でありながら防除に必要な機能を備えていることにあります。

農薬散布用ドローンをご検討中の皆様にとってもより良い情報かと存じます。

ご予算をグッと抑えることが可能です。

詳細は下記の株式会社FLIGHTS WEBページよりご覧いただけます。

株式会社FLIGHTS FLIGHTS-AG

ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

お問い合わせ先

有限会社カネダイ

ドローン事業部

TEL:0242-85-6366

大変ご無沙汰しております!事務担です。

会津坂下町の田んぼはすっかり実をつけて頭を垂れてきております。

弊社の農薬散布用ドローンを使用した防除作業もようやくひと段落し、

これから迎える稲刈り期に向けて準備しているところです。

そんな中、会津スカイマルチアカデミーではぞくぞくと受講生がいらっしゃっています。

この記事を書いている最中も、弊社2階にて学科教習の真っ最中です。

そして、本日!

福島民報様に取材して頂いたドローン教習の記事が掲載されました!!

カラーの写真付きで大きく掲載して頂きましたので、福島県内のみなさまは是非ぜひご覧ください!

県外の皆様にもお届けできるよう、少しだけ抜粋してご紹介しますね。

 

~以下一部抜粋~

「先進技術を取り入れることで省力化できないか」。と思い付いたのが自信がドローン操縦の指導員となり、技術を普及することだった。

~途中省略

三十アールの水田に農薬をまく場合、従来は二十~三十分ほどかかっていた作業が五分ほどで終わり、人手も減らせるという。

~途中省略~

「良い作物を効率的に作れるようになれば農家の負担は大きく減る。

田植え機やコンバインのように、ドローンが農作業で当たり前のように活躍する日が来てほしい」

 

福島民報様、ありがとうございました!

 

また、2019年9月3日(火) 16:40~ KFB福島放送「福島まるごとライブ ヨジデス」の番組内の

「フジナッツ健のおじゃましま~す」というコーナー内で、

会津スカイマルチアカデミーのドローン教習が取り上げられます。

こちらでは、ドローン教習でお伝えしたいことを、

フジナッツ健さんがわかりやすくランキング形式で紹介してくださいます。

現在受講中の方のインタビューもお答えいただき、ご協力ありがとうございます!

藤田専務も、ぎっくり腰を抱えながら撮影に挑みました。笑

こちらも是非!ご覧ください★

 

Top