美味しいお米づくりのためにスマート農業を導入しています

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。今年の天候は雨が多く、じめっとした天候でしたが昨日からはうって変わって

なんだか暑くなってきました。

体調管理には気をつけて、しっかりとした生活リズムを心がけてくださいね。

 

さて、稲ももちろん体調管理(成長具合)をみていかなければいけないわけで、

今年度より我々はスマート農業の一環として、生育調査が可能なドローンを導入しています。

こういった形で正規化差植生指数(NDVI)と言います。

これをドローンで上空から測定することで、このあとどのくらい肥料分が必要か、ちゃんと養分が足りているか、ということを判断することができるのです。

実際の測定の様子はこちら↓

 

こちらで、NDVIという生育診断(健康診断)の結果をみて必要な処置をしていく、ということになります。

肥料分が足りなければ補う、肥料が多ければ…引くことはできないのでちょっと工夫をする

といった感じで我々はこの分析結果を受けて、処方を出していきます。

で、出した処方はどうやって作業するのか。

それはこちらで紹介しています↓

 

 

ということで、こんな感じでうまい米を作るために生産者さんと密に連携しています。

引き続き頑張っていきますので、YOUTUBEへの「いいね」「チャンネル登録」、オンラインショップのご利用、よろしくお願いいたします!!

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇


 

LINEで送る
Pocket

Top