新型農業散布用ドローンDJI AGRAS T20 使用感・レビュー

こんにちは。広報担当のフジタハルキです。

今回は、世界的なドローンメーカーのDJIから新型農業散布用ドローン(農薬散布用)のT20 jpが発売されたので、

その使用感をこちらに書いていきます。

 

まず操作した感じですが、、、

すっごい”重い”です!!

さすがに、機体重量25kg超!!

ちなみにバッテリーなしの重量は23.1 kgです。バッテリーが6.4kgなので、

タンクが空だとしても、29.5kgの重量あるということです。

この時点でMG-1のタンク満タンよりも重くなっているので、どれくらい重いか察していただけるでしょうか。。。

タンクを満タン(16kg)に入れた時には、44.5kgになるのでもし衝突したら衝撃はハンパじゃないですね!!

サイズは以下になります。

2509×2213×732 mm(アームとプロペラ展開時)
1795×1510×732 mm (アーム展開時、プロペラ折りたたみ時)
1100×570×732 mm(アームとプロペラ折りたたみ時)

実は折りたたんだ状態で言えば、短辺はMG-1より小さいんです。なので狭いところも入れちゃいます。

 

実はまだバッテリーがあまり入ってきていないので、あまり飛ばせませんでしたが、一通りの操作と内容は頭に叩き込みました!!

天気がよければ明日にでも圃場で飛ばしてみようかと思います。

 

それでは、また次回もご覧ください!!

LINEで送る
Pocket

Top