こんにちは、ネットショップ店長です。

今日はカネダイの米ぬかで作ったホッカイロについてー!

 

私がここ3年くらいお世話になっている会津のヨガスタジオ

Wellbeing Studio 9C様❀

こちらには米ぬかで作ったホッカイロが置いてあるのです!

 

これは可愛いシャンシャン柄の米ぬかカイロ!

(他にもスタジオには可愛い柄が多数)

スタジオの先生手作りの小さな枕のようなホッカイロ。中にはたっぷりの米ぬかと玄米が入っています。

電子レンジで1、2分加熱すると丁度良い温かさに。

 

手よりも一回り大きいくらいのサイズです。

このホッカイロ、米ぬかのほかに玄米が少し入っているおかげで保温性もしっかりしています。

1時間くらいはじんわり気持ちいいくらいの温かさが保たれて、首や肩のあたりに置いたり

目の上に置いたりするととっても幸せな気分に…❀

米ぬかは軽く しっとりした手触りをしているので、身体に乗せても圧迫感がありません。

 

また、温めると米ぬかの香ばしい香りがなんとも美味しそう笑

しかも何度も繰り返し使えるのがエコですよね。

 

気になる方はぜひ作ってみて下さい!

もし会津に住んでいて実物が見てみたい方は

Wellbeing Studio 9Cへ⁂

 

玄米はぜひカネダイネットショップで

おいしい会津坂下産のお米は↓こちら↓からお求めいただけます。

 

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇


皆様こんにちは、ネットショップ店長です。

1月、いきなりインフルエンザに感染し楽しみにしていた予定が潰れてしまいました。

(ちなみに周りは誰一人感染していません…)

皆様もお体に気をつけてお過ごしください!!

 

さて、最近「米を氷をいれた冷水で炊く」のにはまっています!

クッ○パッドなどでも紹介されている方法なので有名かもしれませんが

こんな感じで炊く前の米と水に氷を入れて超冷水で米を炊きます。

 

すると米のモチモチ感と甘みが違うんです!!

古い米もこの方法で炊けば美味しくなります!!(実感しました)

氷を入れる事でお米が冷やされ、アミノ酸の量が増えるから…らしいですよ~

かなり手軽な方法なのでやった事が無い方はお試しあれ!

 

会津坂下の美味しいお米で炊けばさらに美味しい事間違いなしです✾

カネダイのお米の通販はコチラ

 

会津は先週の大雪で今も窓から見える景色は雪です。

ご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社では、会津坂下町の美味しいお米をどうしたら皆様にもっと食べていただけるか、どうしたら皆様に喜んでいただけるお米を提供できるか、という点について長年検討してきました。お米=食品ではありますが、それ以外にももっとお米を活用して頂く方法があるのではないか、というところからノベルティ・プチギフト等の開発を進めて参りました。

つきましては、こちらで業務用米や加工用米、お米のノベルティ・プチギフトや景品等についてご紹介させて頂きます。

食べ物としての”お米”

各県からブランド米が次々に出てくる昨今、話題性はあるが本当に美味しいお米なのか、という点では疑問が残る品種も多々あります。弊社が提供するお米の品種は、『コシヒカリ』がほとんどです。『コシヒカリ』というと、話題性には乏しいですが、味で言えばやはりお米の王様です。その中でも、弊社所在地の会津坂下町は知る人ぞ知る美味しいお米の産地です。弊社がご提供する会津坂下産のコシヒカリは新潟県産にも負けない美味しいお米として、数々のお米屋や飲食店でも利用して頂いています。

上述の通り、飲食店様・各米穀店様向けの業務用米や加工業者様向けの加工用米等も承っております。お使いになる用途やご予算に合った品種を提案させて頂きますので、まずは一度ご相談下さいませ。

会津坂下町 稲

米 玄米

縁起物としての”お米”

“米”という字は「八十八」と書くことから末広がりがさらに広がる縁起物と昔から好まれてきました。また、稲穂が連なる姿が子孫繁栄を連想させると、結婚式の引き出物や内祝いに最適な品とされています。

つまり、お米を贈るということは、縁起物を贈っている、ということなんですね。米ギフト 景品 1㎏ お米 のし 水引

では実際に、どのような商品になるのか。もちろん、ご予算や納期等によってもご希望に沿った形にしてまいりますが、具体的にどのような商品があるのか参考までに下記をご参照くださいませ。

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキでっす!!

すごい久しぶりの投稿になっちゃいましたね。

なぜこんなに日が開いてしまったかというと…

パソコンの前に座る日がほとんどなかったから、という紛れもない言い訳です!!

とにかく最近は天気が良い日が何日間かあったので、そんな時にはドローン飛ばしてみるべ!

ってことで、外に出ていたんですね。

お米をいじって、時間が少しでも空けばドローンを飛ばしに行き、戻ってきてまたお米をいじる。

という具合でボクの毎日が過ぎ去っていたわけです。

農業用ドローン エンルート enroute AC940 マルチローター

良い天気でまさにドローン日和

ZION AC940-D 農業用ドローン 小麦 消毒

ZION AC940-D

飛ばしているのは、enrouteさんのAC940-Dという機種です。

産業用マルチローターです。

この写真でもわかる通り、ここすっごくいい場所なんですよ。

なにがいいって?

もちろん景色も良い!広さも良い!

そして何より……

 

人目につかない(笑)

 

宣伝のためだったら、人目に付くほうがいいんでしょうけど、操縦してるの見られるのってすごい恥ずかしいんですよ。(ヘタクソなんで。。。)

リアルタイムでみられると、あーあいつ操縦下手だなぁ、とか思われたらいやじゃないですか。

こうやって写真だけで見てもらうのが一番恥ずかしくないんです。

いや、もちろんデモで飛ばして!って言われれば飛ばしますよ!

出張でどこでもいつでも行きますよ!(嘘です。できれば近隣でお願いします。)

なんというか…不特定多数の人に見られるのが恥ずかしいんですよね。

 

そういえば、先日の岐阜県でのドローン落下事故、みなさんご存知ですか?

ご存じない方は↓のリンクからどうぞ。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171105/k10011210761000.html

 

このニュースを見たとき、あぁ、やっちまったな。って思いました。

あと、これでまたドローンの規制が厳しくなるんだろうな、とも思いました。

自損事故ならまだしも、完全に対人事故ですからね。規制が厳しくなるのは当たり前ですよね?お偉い方。

 

そんなこんなで、これからもドローンは飛ばし続けていきたいなぁと考えている所存です!

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

おいしい会津坂下産の新米はこちらから買えます。

 

みなさん、こんにちは。

カネダイの広報担当フジタハルキです。

みなさん、お米の作況指数ってご存知ですか?

毎年、農林水産省がこの時期にお米の獲れ高を調査して、それを数値化しているのが作況指数です。

主に天候の影響を受けることが多いのが農作物ですが、その影響をみるための指標でもあります。

農水省のページはこちら↓

http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/

 

この業界に入るまでは全然そんなこと知りませんでしたが、こうやって数値化してもらえると、見えてくるものもありますね。

具体的にいうと、作況指数とは101~99が平年並み、98~95がやや不良、94以下が不良。逆に102~105はやや良、それ以上は良、というところです。

平成29年産の全国的な作況指数は100で平年並み。

福島県も同じく100ですが、お隣の新潟県は97、栃木県は93、と非常に不安定な収量が予想されています。

全国的に100程度が多い中、私が以前住んでいた神奈川県は105で全国最高値。・・・なんで??笑

あとは西日本(特にに九州)の作況指数はだいぶ良いようです。102以上が多いですね。

今年の東日本は悪天候の影響をだいぶ受ける、という話でしたが、100が多いです。

こうやって、予想はされているんですが、実はこの作況指数。現場の声と若干ずれることがしばしば。

実は下にずれることは少ないです。多いのは、現場ではあまり獲れていないのに、作況指数100とかいう現象ですね。

いたずらに、農水省が不作です!!って言ってしまうと消費者がパニックになりかねないということで、食糧不安を起こさせないために低くしない、とか色々とまことしやかに囁かれてはいますが、実態はわかりません。

ただ、会津は現場レベルでも101~99だと思いますよ。

今年の個人的な収量予想(8月末時点)は平年並み~やや減と予想していたので、大体当たりましたね。稲刈りが始まる前に、周りの県や地域では、不作!不作!って呪文のように唱えてたんでちょっと不安になってたんですが、ちょっと自信がつきました。

今回、栃木で93というのは正直相当不作なのでしょう。大丈夫か栃木、がんばれ栃木!

それとは別に、10a当たり予想収量というのもあるんです。

先ほどの農水省のページからみられるのですが、全国的に534㎏(前年産-10㎏)、東北は565㎏(前年産-11㎏)、関東は532㎏(前年産-10㎏)、北陸は530㎏(前年産-37kg)...

-37kg!!??

北陸はめちゃめちゃ減収してますね。

良く考えてみると、これたぶん前年産が獲れすぎたのでは?

覚えているだけでも、新潟県の去年の作況指数108で、かなり豊作だったような気がしたんで。(会津は102だったので新潟が羨ましかった)

ふり幅大きすぎ。農作物って本当にギャンブルみたいなものですね。

だって出来高制で自分じゃどうしようもない天候のせいで収入が上下するし、これまた自分ではどうしようもない毎年の相場の変動で収入が上下するし。

だからこそ、収入保証制度とかがあるんですが。

でも、食糧っていうのは本当に大事で、大切で、生産してくれる人がいないと日本は成り立たないわけで。

そう考えると、生産者さんには感謝しなきゃいけないですよね。(もちろん今でもとてつもなく感謝していますが)

会津坂下町 コンバイン 井関 

ISEKIのJAPANシリーズ。馬力がとてつもない。稲刈りが捗る。

 

というわけで、作況指数と収量予想のお話はこれにて収量。

これから新米食べに家に帰ります!!はやく米食べたい!!新米食べたい!!

それではみなさんごきげんよう!!

 

おいしい会津坂下産の新米はこちらから買えます。

カネダイ オンラインショップ 会津米 坂下米

 

 

 

Top