農林水産省ガイドラインによる表示

取りまとめ:有限会社カネダイ

更新日:2019年9月7日

対象年産:令和元年産

No. 県認証機関 申請者 品種 栽培区分 節減対象農薬:当地比 化学肥料(窒素成分):当地比
1 JA全農福島 ばんげ有機倶楽部 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.2割減 5.2割減
2 JA全農福島 有限会社藤川農産 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.2割減 5.4割減
3 齋藤善平 コシヒカリ 減農薬・減化学肥料 6.8割減 5.2割減

 

◆No.1  申請者:ばんげ有機倶楽部  品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者氏名:小林寛、堀健一、五十嵐利昭、手代木学、角田佐俊、稲垣宗平

節減対象農薬:当地比  6.2割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.2割減
使用資材 用途 回数・量
グルホシネート 除草
プロペナゾール 殺菌
プロピリスルフロン 除草
ブロモブチド 除草
ペントキサゾン 除草
ジノテフラン 殺虫

 

◆No.2  申請者:有限会社藤川農産 品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者:有限会社藤川農産

節減対象農薬:当地比  6.2割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.4割減
使用資材 用途 回数・量
クロチアニジン 殺虫 2
イソチアニル 殺菌
ピラクロニル 除草
プロピリスルフロン 除草
 ベンゾビシクロン 除草

 

◆No.3  申請者:齋藤善平 品種:コシヒカリ 栽培区分:減・減

生産者:齋藤善平

節減対象農薬:当地比  6.8割減
化学肥料(窒素成分):当地比  5.4割減
使用資材 用途 回数・量
プロペナゾール 殺菌
クロラントラニリプロール 殺虫
プロピリスルフロン 除草
ブロモブチド 除草
 ペントキサゾン 除草

 

平素はご愛顧賜り誠にありがとうございます。

農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1を福島県内にて取り扱っておりますが、

それに加えまして株式会社FLIGHTS製 FLIGHTS-AGの取扱を開始致しました。

こちらの最大のメリットは非常に安価でありながら防除に必要な機能を備えていることにあります。

農薬散布用ドローンをご検討中の皆様にとってもより良い情報かと存じます。

ご予算をグッと抑えることが可能です。

詳細は下記の株式会社FLIGHTS WEBページよりご覧いただけます。

株式会社FLIGHTS FLIGHTS-AG

 

ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

お問い合わせ先

有限会社カネダイ

ドローン事業部

TEL:0242-85-6366

大変ご無沙汰しております!事務担です。

会津坂下町の田んぼはすっかり実をつけて頭を垂れてきております。

弊社の農薬散布用ドローンを使用した防除作業もようやくひと段落し、

これから迎える稲刈り期に向けて準備しているところです。

そんな中、会津スカイマルチアカデミーではぞくぞくと受講生がいらっしゃっています。

この記事を書いている最中も、弊社2階にて学科教習の真っ最中です。

そして、本日!

福島民報様に取材して頂いたドローン教習の記事が掲載されました!!

カラーの写真付きで大きく掲載して頂きましたので、福島県内のみなさまは是非ぜひご覧ください!

県外の皆様にもお届けできるよう、少しだけ抜粋してご紹介しますね。

 

~以下一部抜粋~

「先進技術を取り入れることで省力化できないか」。と思い付いたのが自信がドローン操縦の指導員となり、技術を普及することだった。

~途中省略

三十アールの水田に農薬をまく場合、従来は二十~三十分ほどかかっていた作業が五分ほどで終わり、人手も減らせるという。

~途中省略~

「良い作物を効率的に作れるようになれば農家の負担は大きく減る。

田植え機やコンバインのように、ドローンが農作業で当たり前のように活躍する日が来てほしい」

 

福島民報様、ありがとうございました!

 

また、2019年9月3日(火) 16:40~ KFB福島放送「福島まるごとライブ ヨジデス」の番組内の

「フジナッツ健のおじゃましま~す」というコーナー内で、

会津スカイマルチアカデミーのドローン教習が取り上げられます。

こちらでは、ドローン教習でお伝えしたいことを、

フジナッツ健さんがわかりやすくランキング形式で紹介してくださいます。

現在受講中の方のインタビューもお答えいただき、ご協力ありがとうございます!

藤田専務も、ぎっくり腰を抱えながら撮影に挑みました。笑

こちらも是非!ご覧ください★

 

日頃よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

6月より自動航行による農薬散布が解禁となり、DJI MG-1においても自動航行が使用できるようになりました。

すでにライセンス(認定証)をお持ちの方については追加で教習を受けて頂く必要がございますので、

各自ご案内申し上げます。

また、ライセンスをお持ちでない方についてはこれまで通りの遠隔操作(マニュアル操作)の教習と併せて自動航行の教習を行っていくようになります。

詳細については、別途ご案内致しますので、まずはご相談ください。

 

ご連絡は有限会社カネダイ ドローン事業部まで

TEL:0242-85-6366

FAX:0242-85-6383

E-mail:kanedai-2012@circus.ocn.ne.jp

日頃よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

この度、DJI製品の取扱を開始しましたので、ご報告いたします。

商品ラインナップについては、一通りご用意出来ますが一部生産中止されている物や在庫切れの商品もございますので、ご了承ください。

ご連絡は 有限会社カネダイ ドローン事業部までお願い致します。

有限会社カネダイ ドローン事業部

TEL:0242-85-6366

FAX:0242-85-6383

E-mail:kanedai-2012@circus.ocn.ne.jp

平素より大変お世話になっております。

当社で運営している農薬散布用ドローンの農水協指定教習施設「会津スカイマルチアカデミー」ですが、

おかげさまで卒業生が20名を超え、2月現在におきましても多数の受講生が来ております。

非常に混雑して来ておりますので受講をお考えの方はお早めにお問い合わせください。

なお、受講自体はご要望に応じて受け付けておりますが、1日に受け入れることができる人数に限りがございますので、

ご要望に添えない場合もございます。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

 

会津スカイマルチアカデミー

責任者 藤田晴樹

平素よりお世話になっております。

この度、当社と関係の深い「株式会社 -en-」が平成31年2月20日〜21日の期間、大阪で開催される

【アグリフードEXPO大阪2019】に出展いたします。

 

お近くの方、お立ち寄りの予定がある方はこの機会にぜひ足を運んでいただけますと幸いです。

先日、9月10日(日)の新聞折り込みにて、弊社で運営している会津スカイマルチアカデミーの広告を出しました。

広告内容は下記よりご覧いただけますので、農薬散布用ドローンに興味のある方は是非ご一読ください。

なお、会津地域以外でも受け付けておりますので、一度ご相談ください。

 

7月30日付の、米流通専門紙「商経アドバイス」さんに

農薬散布用ドローンの実践活用について取材していただきました!!

昨年度より取り組んできた農業用ドローン事業が、

少しでも多くの方々の目に触れる機会をいただけて大変光栄です。

とはいえ、稲作をやられている方以外あまりお目にかかることの少ない専門紙なので、

ここで少しだけ紹介させていただきますね★

 

~以下、商経アドバイス記事より抜粋~

有限会社カネダイは今年2月に農業法人㈱縁を設立し、水田4㏊で稲作経営をスタートした。地域の担い手不足から高齢者農家の水田を受託し、同時に作業の省力化、コスト削減にも精力的に取り組んでいる。

~中略~

稲作経営について晴樹社長は、「自社で水田を持つことで、顧客の要望に応じた作付品種を選択できること、さらにカネダイが販売する肥料・農薬も積極的に試験して各農家へ情報提供が可能になる。これら資材の販売にもつなげていきたい。」

~中略~

「農機具・設備にかかるランニングコスト・保管・作業時間を削った。委託料はかなりの出費になるが、農家とのつながりをより強固にしていく狙いもある。縁がある各契約農家、取引先とのすべての点が線としてつながり、やがて円になって関係者すべてがプラスになることを目指す。」

~中略~

4月には社内にドローンのライセンスが取得できる農林水産航空協会指定の産業用マルチローター教習施設「会津スカイマルチアカデミー」を開校した。実技は廃校となっている小学校の校庭を利用し、実際の現場に即した形で、事故発生ゼロと卒業後の不安ゼロを目指している。

~中略~

「初フライト時には現地に赴いて、操作を確認することで安心して作業してもらえるよう配慮している。ドローンの活用法を同社の水田で試験しながら、機体を売るだけでなく活用技術も売ることができるようにしていきたい」と話している。

カネダイ・藤田信隆社長(左)と晴樹専務

~~

 

改めまして、商経アドバイスさん、素敵な記事にして下さりありがとうございました!

 

明日からはもう8月。

西日本では大変な豪雨災害が続いているようでとても心配ですが、

こちら会津では6月ごろからほとんど雨が降らず、

田んぼや畑は水不足が深刻化してきています。。。

そして、8月はドローンによる農薬散布も忙しくなってくる時期となります。

みなさん熱中症には気を付けて、この異常なほど熱い夏を乗り切りましょう!!!

 

 

 

日頃より格別のご愛顧を頂きまして誠にありがとうございます。

農薬散布用ドローン(産業用マルチローター)の教習施設として認可が下りましたので、福島県会津坂下町にて農薬散布用ドローンのライセンスを取得できるようになりました。

教習施設名は『会津スカイマルチアカデミー』です。

 

取扱機種:DJI AGRAS MG-1

Agras MG-1

 

上記機種のオペレーターライセンス取得、機種購入、機体整備・点検を行います。

農林水産航空協会HPにも指定教習所として記載されております。

http://www.j3a.or.jp/business/multirotor/2sisetsu/sisetsuichiran_20180331.pdf

※ Agras MG-1を取り扱う為には、農林水産省の定めた「空中散布等における無人航空機利用技術指導指針」に基づいた運用が必要となります。

 

皆様からのご相談、お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせはこちらから

Top