会津の夏は猪苗代湖

こんにちは、毎日の暑さのせいで体力と免疫力が落ちているのか、あくびをする度口角炎になるネットショップ店長です。

 

さてさて、会津の夏は本当に暑いです、盆地ですから。

そんな盆地の夏に欠かせないのが猪苗代湖!!!

 

猪苗代湖とは…

福島県会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる、日本国内で4番目に広い湖である。

福島県のシンボルの一つとされている。

上戸浜、志田浜、白鳥浜、長浜、天神浜、中田浜などが主な浜。

 

wikipediaより

 

猪苗代湖では湖水浴を楽しんだり、フェリーに乗ったり。

数年前に天神浜の湖畔に野外音楽堂が出来たので、ライブ・フェスなども開催されています。

昨日は天神浜にてオハラブレイクというイベントが開催されていました。

私はオハラブレイクには参加せず、志田浜で身体を動かし温泉に入っていました。

志田浜のレイクサイド磐光の温泉はなかなかの穴場だと思っています。

 

昼間の猪苗代湖も綺麗ですが猪苗代湖は夕日が抜群に美しいのです!

昨日はこんな感じで

※写真がうまく撮れなかったので実物はこの倍綺麗です。

 

これは5月ですが天神浜で 音開き2017 というイベントが行われた時の写真。

 

猪苗代湖の美しさを楽しめた居心地のいい時間でした。

私は去年はSUP(スタンドアップパドル・サーフィン)も猪苗代湖でやりましたよー!

 

またwikipediaにはこんな伝説が載っていました。

 

弘法大師がこの地を通りかかった際、機を織っていた女に水を乞うが断られてしまう。

そこで別の村で米をといでいた翁という名前の貧しい女に米のとぎ水を乞うと、快く飲ませてもらえた。

その翌日、磐梯山が噴火して周囲の52の村が陥没して湖底に沈んでしまったが、弘法大師に水を飲ませた翁の家だけは湖底に沈まず、島となった。

これが翁島だという伝説が会津地方に伝わる。

 

自然が綺麗で落ち着ける猪苗代湖、会津にはなくてはならない場所です。

会津坂下町から行くには40分くらいかかります。

観光などで会津にいらっしゃる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

Top