話題の農業用ドローン(マルチコプター)が最高すぎる件

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。

かなり久しぶりの投稿になってしまいました…

肥料配達から除草剤配達、今年は散布まで受託していたので、朝5時から夜7時まで日が出ている間はだいたい外(田んぼかハウス)にいたので、

全然HPを確認していませんでしたが、除草剤の散布も落ち着き、久しぶりにアクセス数を見てみたら・・・

 

なんか急激に増えてるじゃないですか!!

それも5月から。

なんで!?なんで急にこんなに増えたの!?って一瞬時間が止まりましたが、アクセス解析を見て、分かりました。

 

アクセス数上位は全てアオミドロや雑草のページ。

なるほど、やはりみなさんもお悩みなんですね。

 

アオミドロ+表層剥離が多量に発生すると、水稲用除草剤のジャンボ剤も拡散力が落ちますし、地温が上がりにくく初期生育にも影響が出てきます。

また、アオミドロや表層剥離が風で田んぼの角によって行くと、稲がなぎ倒され、気が付くと稲がそっくりなくなることもしばしば。

 

どんな除草剤を使ったらいいのか、どんな管理をしたらいいのか、悩むところですよね。

また、アオミドロや表層剥離によって、ジャンボ剤(投げ込み型)の拡散力も落ちますし。(水中で拡散する部分もありますが、表面で広がらないと拡散は半減するように思います)

 

そんな時には動力散布機を背負って粒剤を散布するか、フロアブルにするか、ってな具合になってきますよね。

でも動力散布機は重いから背負いたくないし、畦畔歩くの疲れるし、水持ち悪いからフロアブルじゃなくて粒剤が良いし、とか色々とご意見があると思います。

 

そんなときには!!

農業用ドローン(マルチコプター)でばばっっと粒剤を散布するのが一番楽でございます!

今年はちょっとお手伝いで動力散布機で粒剤を散布したり、フロアブルを蓄圧式散布機で散布したり、ジャンボ剤を投げ込んだり、

色々と経験させて頂きました。

 

が!!!!

正直にいうと、一番楽なのがドローン散布でした。

だって、背負わなくていいし、畦畔歩かなくていいし(尻水口をしっかりと止めるのに一度は行きますが)

しかも、動力散布機では届かないところまで自由に行ける!

つまり!!

1haの田んぼでも田んぼの中に入らずに散布ができるんですよ!これってすっごい画期的!

さらに!!

動力散布機で粒剤を散布するよりも、均一に散布できる!(あくまで主観です)

さらにさらに!!

無人ヘリと比べて、取り扱いが簡単&1筆が小さい田んぼでも気軽に飛ばせる!(あくまで主観です)

※ ちゃんと申請出してます&空散登録がある薬剤を使用してます

確かにバッテリーの駆動時間とか最大積載量とか、登録農薬が少ないとか、一斉防除はちょっと無理がある、とかまだまだ課題はありますが、これはすっごいです。

可能性が無限大ですよ。最高でした。

 

 

 

ちなみに、今年散布した薬剤は

・ゼータタイガー1キロ粒剤(住友化学)

・ゴエモン1キロ粒剤(住友化学)

・アールタイプ1キロ粒剤(三井化学)

・イッポンフロアブル(日農)

が主ですが、今のところ効果は順調のようです。雑草はしっかりと抑えてくれています。

ただ、問題は操縦していると、写真が撮れないので、なかなか記事にできなかったんですが、

以前、圃場で飛行した際に、会津坂下農業普及所の方が見学に来てくださって、その時の様子を記事にまとめて下さったので、

そちらのリンクを張っておきます↓↓

http://aidubange.blog.jp/archives/1065932626.html

是非ご覧くださいませ~

 

今後の農業用ドローンの発展に期待して、今日はこの辺で終わりです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました~!!

 

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇

カネダイオンラインショップ

イチオシ商品 ↓

☆ ポストに届くから家に居なくてもバッチリ届く!! 『送料無料 三品種食べ比べセット』

LINEで送る
Pocket

Top