有機農業の基本を学びに新潟県三条市に参上しました

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。

年が明けてから、結構な頻度で研修会やら新年会やらに参加していますが、

今回は有機農業について学んできました!!

場所は新潟県三条市。

ところで、みなさんはコロナって知ってますか?

ビールじゃないです。暖房器具のコロナです。CORONA。

 

コロナの本社って新潟県なんですね。初めて知りました。

んで、研修会はそこの技術開発センターってところで開催。

主催は株式会社コロナアグリってところ。

指さしてるところがコロナの本社。写真だと遠くて読めない。

久しぶりの顔出し。セルフィーって恥ずかしいですね。

 

コロナって農業もやってたんだ…

さすが大企業。手広いです。

つーか、新潟で米やってるところはなんかでっかい。規模がでっかい。

先日はお取引先の新年会で新潟に行ってきましたが、だいぶ規模が大きくてびっくりした覚えがあります。

まぁ、日本一の米処ですからね。

さてさて、研修会の内容ですが、

BLOF理論という科学的に農業をとらえよう、という理論の提唱者である小祝政明先生による講演でした。

BLOF理論ってなんぞや、という方のためにざっくりと説明。

①作物生理に基づいたアミノ酸の供給

②土壌分析・施肥設計に基づいたミネラル肥料の供給

③太陽熱養生処理を用いた土壌団粒形成、土壌病害菌抑制、水溶性炭水化物の供給

この3点にしぼって、科学的(化学的っぽかった)に農業をする、という理論です。

かなり端折っていますが、論点はこれでした。

 

これだけ見ると当たり前のことのような。と思った方は大間違いです。

正直、ボクは大間違いでした。いい意味で予想を裏切られました。

そして、自分の知識のなさに愕然として、あぁこんなところまで知識を蓄えることができるのか、と。

こうやって知識を現場に活かすのか、と。

そう感じました。

今回の研修では、土壌物理性、生物性、化学性全てにおいて、納得がいく話だったというか、腑に落ちたというか。

農薬を使用する使用しないに限らず、農業はもっとできることがあるな、と感じた1日でした。

 

ちなみに研修会で紹介していたオリジナルの堆肥があったので、その写真を下に乗せておきます。

 

この話を聞きたい方は是非カネダイまで遊びに来てください。

それでは、今回はここまで!!(寒いから)

ありがとうございましたーーー

ブロフ堆肥。もちろん有機JAS対応してます。

ブロフ堆肥の中身。結構黒い。

 

 

LINEで送る
Pocket

Top