“五百川”というお米、ご存知ですか?

みなさん、こんにちは。

広報担当のフジタハルキです。

いやぁ、暑いですねぇ。。。

会津坂下町は雨の予報になっていても全く雨が降らないという、気象予報士泣かせの天気が続いています。

そろそろ雨が降ってくれないと、田んぼも水がなくて困ってしまいます。というかすでに困っています。

この時期にはある程度水が必要ですから。雨乞いするしかありませんね。。。

 

さてさて、みなさんは“五百川”という品種をご存知ですか??

あまりメジャーではありませんが、この辺で作付されている早稲種のお米です。

早稲というのは、その名の通り、早くできるお米です。

会津坂下町では、“五百川”と“瑞穂黄金”が主な早稲です。

その五百川を作っている田んぼでは、早くも穂がそろってきました~^^

IMG_4585

今の状態はまだミルク状の柔らかい米なので、あと1か月もすればしっかりとしたいいお米になると思いますよ~^^

新米が出てくるのが楽しみですね!!

ボクも五百川がどんなお米なのか実は食べたことがないのでちょっと説明できませんが、

wiki先生によると、

2003年、福島県中通り地域の農家、鈴木清和が、コシヒカリの突然変異種として発見。8年間の育種を経て2010年より品種登録され、福島県中通り地域を中心に作付けが行われている。命名は当地を流れる河川、五百川から。 極早生の品種で、8月下旬には早場米として収穫可能である。草丈が短く、耐倒性に優れているほか、耐冷性にも優れる。食味はコシヒカリのそれを継ぎ、良好である。 福島県を除く東北地方においては、米穀商社の木徳神糧が種苗の供給権を有し、宮城県などでも生産が拡大している。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%99%BE%E5%B7%9D_(%E7%B1%B3)

だそうです。

味については、特に書いていませんが、コシヒカリの突然変異なので、味はコシヒカリに近いのかもしれません。

 

というわけで、今回は五百川の紹介でした~。

また新米が出る時期にご紹介します!

 

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇

カネダイオンラインショップ

イチオシ商品 ↓

☆ ポストに届くから家に居なくてもバッチリ届く!! 『送料無料 三品種食べ比べセット』

LINEで送る
Pocket

Top