【経過報告】カネダイバケツ苗の生育状況☆

みなさん,こんにちは.

広報担当の藤田晴樹です.

最近,ほとんど記事をかけず,1週間以上空いてしまいました...

ちゃんと書こうと思えば思うほどに,記事入力画面から手が遠のいていくのはなんででしょう?笑

 

先日,SNS上でバケツ苗のことを書かれている方がいて,そういえばカネダイバケツ苗の生育状況測ってるけど,全然報告してないなぁ,と思いだしたので報告します!ちゃんと書きます!

ちなみに,最初の記事はこちら↓

バケツ苗で施肥の効果を比べてみよう!!

さて,

植えたての頃はこんな感じでした.

肥料試験移植直後

なんとも頼りない姿ですね... 植えた直後は全て,草丈17㎝程度,茎数1本,葉色値は未測定でした.

何が言いたいかというと,植えてすぐの時には4つのバケツ苗には差がありませんでした.ということです.(研究ではないので,大体でやってます.研究に詳しい方,このくらいで勘弁して下さいm(__)m)

それでは,田植え後約30日にはどうなったか.

20160701_003449804_iOS

約30日経過
左側から 無肥料 無窒素 化成肥料 総合施肥
草丈  27.9㎝  30.1㎝  50.4㎝ 50.3㎝
茎数 1本  2本 12本 12本
葉色値  35.1  33.1  45.0 46.7

※ 無肥料:肥料入れてません

※無窒素:窒素だけ入れてません.ミネラルPKグリーンという土壌改良材を施肥(リン酸・カリ・ケイ酸・カルシウム・マグネシウムなど)

※化成肥料:窒素・リン酸・カリの3大栄養素のみ施肥.

※総合施肥:化成肥料とミネラルPKグリーンを施肥.

 

30日経過した時点で,施肥による差がかなり出ています.

茎数とか葉色値なんかの説明は前の記事を参照して下さーい.といいつつ,前の記事にもそんなに書いてないかもしれません.

そしてそして... 植えてから50日ほど経過すると,こんな風になります.

20160712_093234730_iOS (1)

約50日経過
 左側から 無肥料 無窒素 化成肥料 総合施肥
草丈  36.9㎝ 40.0㎝ 64.8㎝ 69.6㎝
茎数 1本 2本 20本 31本
葉色値 36.5 35.8 47.7 47.4

大分大きくなってきましたね.

茎数とか,葉色値とかちょっと専門的な用語もありますが,要は育ち具合や肥料の効き具合をみるわけです.

ちなみに,実際の田んぼで葉色値が40以上あったら追肥は必要ないですが,35程度であれば追肥を考えます.(特にこの時期は追肥が必要になります)

今回はバケツ苗なので肥料が流れ出ることがないので,田んぼとは条件が全く異なるんです.

去年は植え過ぎて失敗しましたが,今年は1本にしたので大分良さそうですね.ただ,1本だと何かあった時に困るので2本は植えた方がよさそう.

 

☆今年分かったバケツ苗のコツ☆

①1つのバケツに対して一か所に2本植えがベター.(植え過ぎ→病気に弱い稲になる,植えなさすぎ→虫や病気にやられた時に獲れなくなってしまう)

②肥料は本当に少しで十分そう.(水が抜けないので,肥料分が溶脱する心配がないので,肥料効率がとっても良い)

③バケツの深さは25㎝以上で土は20㎝くらいの深さがベター.(稲の根っこは18㎝程度伸びるので,20㎝は確保したいところ)

④バケツの色は白っぽい方がベター.(太陽光を吸収して土・水温が高くなりすぎるため)

⑤肥料は窒素・リン酸・カリ(N・P・K)だけでなく,ケイ酸や鉄,微量要素(ホウ素やモリブデンなど)も入れた方がよさそう.

⑥ときどき水を入れない期間を作って,表面だけでも乾かす(常時水を張っていると,ボウフラが....)

 

とりあえず,こんなところでしょうか.

あと,これからの時期に重要になってきそうな去年分かったことも書いておきます!!

現在バケツ苗をやられている方は参考にしてみて下さい.

 

☆去年分かったバケツ苗のコツ☆

①中干しは必要なし!(そもそも田んぼでなぜ中干しを行うかを考えると,バケツ苗ではそんなに必要がないことが分かります)

②水が抜けるようにバケツに穴をあけると土が乾きすぎて良くない!!(1日で土がカピカピになってしまい,土が硬すぎて根が張れない)

③穂が出た後は,風通しの良い所に置く.(病気が蔓延しやすい)

④昼は光の当たる所に,夜は光の当たらない場所にバケツを設置する.(常に光が当たっていると稲が養分を貯めこめないので,米の出来が悪くなる)

 

ひとまず,こんなところです.

これを読んで,もし来年バケツ苗やりたい!とか,バケツ苗やる予定です!とか,そういう方がいたらご相談下さい.

頑張って答えます.仕事そっちのけで答えます.全力で答えます.

 

さて,今回の記事で葉色値について触れましたが,

次回は葉色値の測り方(SPADの測定方法)を載せたいと思います!

意外と調べても出てこなかったりするんですよね.

それでは,乞ご期待!!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました~♪

◇◇◇◇◇毎日の一膳を大切にする 美味しい会津坂下産のお米◇◇◇◇◇

カネダイオンラインショップ

イチオシ商品 ↓

☆ ポストに届くから家に居なくてもバッチリ届く!! 『送料無料 三品種食べ比べセット』

 

LINEで送る
Pocket

Top