山形のお米「ひだまり」食べてみました

みなさん、こんにちは。広報担当のフジタハルキです。

先日書いた甘酒の記事。実はあの記事は私でなく、姉が書いた記事でした。

私の姉、一応カネダイネットショップ店長なんです。

近いうちに、顔写真も掲載予定?です。是非宜しくお願いします。

 

最近、色々なところのお米を食べ比べるのが楽しくて、結構食べてます。

今回は、山形県の新しい品種「ひだまり」を食べてみたので、そのレポートです。

まずは「ひだまり」のご紹介から

「ひだまり」とは
JAタウン 小さなYAMAGATAマルシェ より

★ひだまり((山形95号)は、山形生れの新しいお米で27年産米からの発売となっています。 系譜図は、山形59号×奥州366号でコシヒカリとひとめぼれの流れを受継いでいます。食味は、一粒一粒の大きさと甘さ、そして食べごたえ、さっぱりしているのが特徴です。

★この品種は、地域ごとに愛称をつけることができる品種として、JA全農山形が、県内各地から集荷した山形95号を販売する際のブランド名としています。

http://www.ja-town.com/shop/g/g2404-111/

平成27年産から販売がスタートしているようです。

パッケージもかわいくて、美味しそうな感じがします。

さっそく食べてみました。

 

ひだまり レポート

白米外観:粒はやや細長い感じ。粒の大きさは普通~やや大きい感じですかね。

香り:お米の良い香りがします。最近食べた中ではしっかりとした良い香りがありました。

粘り:表面の粘りが結構強いです。噛んだあとの粘りも結構ありました。

軟らかさ:弾力があります。会津のコシヒカリと比べるとやや硬めでしょうか。冷えてくると、硬さで顎が疲れます。

甘み:ひだまりの説明では、さっぱりしているということでしたが、甘さは結構あるように感じました。噛めば噛むほど味が出てくる感じでした。

総合:粘りが強く、甘さもあって、香りも良い!個人的にはかなり美味しかったです。残念なところは少し硬すぎるかな、ということ。硬めのお米が好きな方にはちょうどいいと思いますが、お弁当やおにぎりにすることが多い方にはちょっと不向きかもしれません。

 

こちらの「ひだまり」。山形県で作付している品種なので、カネダイではもちろん取り扱っておりません!!残念!!!

最近カネダイに置いてない品種のお米ばかり紹介しているので、ちょっと気が引けています。

 

こちらのひだまりに近いのは、会津坂下産コシヒカリでしょうか。会津坂下産コシヒカリの方が軟らかいですし、冷めた時にも食べやすいとは思います。

あとは好みになってくると思うので、やはり一番いいのは食べ比べて頂くことでしょうか。

今なら送料無料の食べ比べセットもございますので、よければ是非ご利用ください。

【送料無料】食べ比べセット 各2合 コシヒカリ・天のつぶ・ミルキークイーン

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました~!

 

他のお米のレポートはこちら  ↓

熊本のお米『森のくまさん』食べてみました

青森のお米『青天の霹靂』食べてみました

LINEで送る
Pocket

Top