米の等級検査、放射能検査絶賛実施中!

みなさん、こんにちは。広報担当のフジタハルキです。

さて、現在カネダイでは集荷した玄米の等級検査、放射能検査を実施しています!

まずは等級検査の様子から、

FullSizeRender (10)

このように、駐車場にばばーーっとお米を並べます。一つのまとまり(1パレット)で30kgの玄米が50個あります。

このときには大体10パレット位を外に出して検査しています。つまり、30kgの米は500個。重さにして、15tにもなります。

1人当たりの米年間消費量(外食含む)を60kgくらいだとすると、250人分の年間消費量が毎日並ぶわけです。

検査自体も大変ですが、シールを張ったり、ハンコを押したりするのも意外と大変なんですよ~。

FullSizeRender (8)
FullSizeRender (6)

あとは、米袋から少しずつ米を抜いて検査していきます。どんどんやっていきますよ~!

1袋当たり40gくらいを抽出して検査します。これで1等、2等、と等級をつけていくわけですね!

続いて、放射能検査の様子!

FullSizeRender (9)

機械に30kgの米を通して、全ての米を検査しています!

今のところ、放射能は全て基準値以下!!会津は磐梯山や気候に守られているので、放射能の影響も少ないですし、時間経過で検出されるリスクは大分低いと思うのですが、

皆様に安全・安心なお米を食べて頂くには必要な事!

今年も美味しい、安全なお米が獲れてますよ~!

LINEで送る
Pocket

Top