世界に誇れる会津の酒 ~醸造用米の現地視察と検討会~

みなさん、こんにちは。広報担当の藤田です。

本日は、会津若松市主催の醸造用米の現地視察会・検討会に参加してきました。

 

話はそれますが、会津の酒は数々の国際大会、国内の品評会などで毎回トップクラスの成績をおさめており、

おいしいお酒が多いんです!!(私は飲めませんが…)

酒所としても有名な会津。

なぜ、おいしいか!

そりゃあ、会津の米がおいしいから、でしょう!うん!きっと!(一番は蔵元さんの努力ですよ!)

酒用の米は醸造用米と呼ばれており、コシヒカリやひとめぼれなど一般的に食する品種とは異なります。

本日は、夢の香、華吹雪、まいひめ、チヨニシキを見学。

私自身、醸造用米には詳しくないので、大きな声では言えませんが!

現地の稲からモミを一つ取って、剥いてみると・・・

FullSizeRender (2)

あらきれい!!

粒も大きいですし、光沢もあります!(写真分かりにくくて、すいません…)

これ、勝手に命名させて頂くと、

「陸の真珠」

大きな声(文字)になってしまいましたが、そのくらい美しかったです。

その後の検討会では、名だたる酒造メーカーさんのお偉い方々、酒造協会や市役所の担当の方々と意見を交えることができて、

大変、有意義な検討会になりました。

それにしても、こういう会議はとっても緊張します。相変わらず、脇汗がすごい事になっていました。

 

われわれ、米の集荷業者も会津の酒作りの一部分を担う存在として、がんばっていきたいと思います。

 

皆さんも会津のお酒、是非飲んでみてください!!!

LINEで送る
Pocket

Top